マンション投資で運用する。

レバレッジを効かせて、資産運用を図りたいという場合、株式投資ではそういったことがなかなかできない。お金を借りての資産運用となると、せめてワンルームマンションなりの不動産を購入するくらいの段階でなければ、難しいだろう。マンション投資で、資産運用を行うという考えは、昨今、サラリーマンの間で人気を博している。老後の不安、給料以外の副収入というところが、サラリーマンには非常に魅力的に映っているのであろう。 一方で、将来の年金代わり、相続対策などをアピールし、マンション投資をすすめる不動産会社も増えてきた。バブル期とは違って、土地の値上がりを期待して、購入するといったスタイルではなく、家賃収入を得ることを目的に、長期保有のスタイルを不動産会社も勧めている。これは、不動産会社でも、転売で儲けるよりは、大きくは儲からないが、管理で永続的な収益をあげていこうとする経営方針が意識され始めているということの証なのであろうと思う。 但し、新築デザイナーズマンションなどをマンション投資の対象とするのは気をつけたほうが良い。なぜならば、新築というブランドが付いている分、周辺相場よりも高めの金額設定がされているからだ。つまり、資産運用の対象物件として購入した場合には、運用利回りが低くなるということである。もちろん、自分が住むために購入した、とか、この物件に非常に魅力を感じているというのであれば別であるが、利回りを追求するのであれば、中古物件から検討するべきであろう。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マンション投資で運用する。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]