ワンルームマンション投資は有利か。

現在、サラリーマンの間で人気となっているワンルームマンション投資であるが、果たして、今は買いどきなのかということがある。かつてあったバブル期とは違い、サラリーマンの給与は右肩上がりとはならず、また、一方で健康保険料などの社会保険料の負担は増すばかりである。こんななかで、自分の資産を増やす方法としては、資産運用を真剣に考えるしかなくなってきている。そこで副収入を得やすい、不動産投資に目が向くというわけだ。 バブル期の頃の不動産投資といえば、土地価格の値上がりを見込んで、値上がり益を狙い、多額の借金をしてまで土地を買い漁っていたというイメージがあるが、今の不動産投資は値上がり益というよりも、家賃収入を確実に得ていくというものである。家賃収入を得られればよいのであるからワンルームマンション投資などに興味がわくのであろう。不動産会社による懸命な宣伝広告もサラリーマンがマンション投資に関心をよせる原因となっているのであろう。 では、ワンルームマンション投資は資産運用として有利なのかという点である。仮に自己資金ですべてをまかなった場合、手元のお金が一旦すべて不動産になる。そして、改めて毎月家賃として入ってくるわけだが、そこに税金がかかる。また、購入したワンルームマンションは時間の経過とともに減価していく。売却の際に購入した価格で売ることができるのはごく稀なケースである。これらのことを考えると、購入時に提示されている利回りには気をつけなければならない。
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワンルームマンション投資は有利か。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]